BLOG

ブログ

未成年が相続放棄するには?

未成年者でも相続放棄は可能です。しかし、婚姻している(成年擬制)などの事情がない限り未成年者が単独で相続放棄することはできません。

そこで、未成年者が相続放棄するには、法定代理人である親が代わりに手続きを行うことになります。

しかし、もし、親が自由に子の相続放棄を行うことができるとしたら、場合によっては遺産分割協議を経ることなく親が遺産を単独で相続できることも可能になります。

そこで、未成年者が相続放棄するには、親がいっしょに相続放棄するといったケースを除いて、相続放棄の前に特別代理人の選任手続きが必要となります。

未成年者の子に相続放棄させる理由は相続の事情に応じてさまざまです。例えば以下のような理由があります。

  • 被相続人がお世話になった人に借金をしていて、子にそうした負担は背負わせたくない

子を想っての動機であっても、未成年者の相続放棄で特別代理人の選任が必要かどうかということは、個別事情は考慮されず、客観的な相続関係だけで判断されます。(個別の事情を一つ一つ考慮していると家庭裁判所の実務も大変です。)

親がいっしょに相続放棄するといったことでなければ、未成年者が相続放棄するには、まずは特別代理人の選任手続きが必要になります。

離婚した配偶者の遺産で、子にも心情的に相続させたくないといったケースでは、親は離婚した配偶者の相続人になりませんので、未成年者に代わって相続放棄の申し立てが可能です。

当事務所でも特別代理人の選任手続きの代行や相続放棄の手続き代行を行っています。お気軽にご相談ください。

相続放棄手続き

関連記事

新着記事

月別アーカイブ