チャート分析

みなさん、株式投資をやっていますか?私は趣味程度にやっています。純粋に日本株だけで、予想があたるかどうかを楽しむ程度ですが。株式はある程度の動きは予想できるでしょうから、ギャンブルではないと思いますが楽しみ方はギャンブル程度です。
楽しみの域を脱したくないので、先物などはやっていません。あんなのは特に損が出ていると夜も寝られなくなりそうで。

とまあこんな感じですが、昔から思っているのですが、チャート分析って役に立つと思いますか?私が株をやろうと思って始めて買った本が、チャート分析の本でした。「これさえ守れば8割勝てる」みたいなことが書いてあって、「これさえ守る」内容が、移動平均線とローソク足と出来高だったと記憶してます。「うわー、こんな簡単に株って小遣いが稼げるんだ。」なんて思って、その本を読みながら株を買ってました。
でも実際やると、こんなうまくいくわけないです。トレンドを読めとか何とか書いてありますが、そんなのわからないです。為替が円高になれば株は下がるし、米国株が下がればまた日本株も下がるし。まあこれは一概にそうではないですが、つまり突然、そして簡単にトレンドが変わってしまうんですよね。そして変わりだすとしばらくそのままだったりと。
うーん、どうも本みたいに動かないなと。そこでその本が書かれた年代を見ると2000年代の初めごろでした。
私が株を始めたのは2009年ですが、2000年と2009年で何が違うんだろうと調べてみると、一番は外国人投資家の売買シェアでした。2000年が40%くらいに対して、2009年は60%まで上昇しているらしいです。
さらに今は、高速取引とかも出てきて相場が乱高下しやすい見たいです。
この状況下で移動平均線とか、ローソク足なんてものだけで判断はできなさそうです。結局外国人投資家が作るトレンドの後追いですし。

最近では、チャートは買うときにちょっとだけ見て、あとはもっぱら経済ニュースで動きを予想しています。
せっかく株をやるなら、チャートなんてみていないで、それを動機に世界の経済を見ようというのもいい心がけじゃないですか?
結局素人ですので、予想っていってもそんなに大層なものじゃないですが、チャート分析よりはましな感じです。

 

雑記帳
渋田貴正をフォローする
実務家税理士・司法書士・社労士・行政書士 渋田貴正のサイト