許認可

雑記帳

古物商許可

 古物とは、一度使用された物品だけでなく新品でも使用のため一度取り引きされた物品も該当します。申請窓口は警察です。簡単にいうと、盗品などを売買する輩を取り締まるために、あらかじめ古物を取り扱う業者を把握しておくという目的です。なので、アンテ...
雑記帳

宅地建物取引業免許

会社設立して不動産業を始めるには、まず、「宅地建物取引業免許」を受けなければなりません。 宅地建物取引業免許には各都道府県の知事免許と国土交通大臣の免許があります。どちらの免許でも、日本全国での業務が可能です。 全ての営業所が、一つ...
雑記帳

在留資格取得申請

■在留資格について 「在留資格」とは、外国籍の方が日本に在留する間、どのような活動を行うことができるかを類型化した入管法上の法的資格で28種類あります。外国籍の方が日本で会社設立する場合にも、場合によってはこの在留資格が必要となります。 ...
雑記帳

産業廃棄物収集運搬業許可

■産業廃棄物収集運搬業について そもそも、廃棄物は、人間の活動に伴って発生するもので、ごみなどの不要物や、自分で利用することもできず、人に売ることなどできずに不要となったものを言います。 この廃棄物の中で、会社や工場などから事業に伴って...
雑記帳

投資顧問業登録

投資顧問(投資助言・代理業)として会社設立される場合には、金融商品取引法により、事前に登録が必要です。 投資顧問業の営業形態としては、従来型の顧客との面談によって助言するもののほか、会員制サイトを運営して、メール配信や、銘柄情報の閲...
雑記帳

建設業許可

会社設立して建設業を始める場合は、建設業の許可が必要となります。 建設業とは、建設工事の完成を請け負う仕事をいいます。 つまり、家を建てたいAさん(注文者)から工事の注文を受けたBさん(○○建設、△△工務店)が建設業になります。 こ...